子供 便秘 運動不足

運動不足と子供の便秘との関係

運動不足になりがちの子供は、それが便秘の原因ともなりえますから注意が必要です。

 

まだ赤ちゃんの頃はウンチもやわらかいことが多く、排便もほとんど反射によって行っています。それが段々とうんちが形になってくる頃からお腹や腸の筋力を必要とするようになります。

 

やや硬めのうんちを出すときには、座りながら少し腹圧をかける必要がありますし、腸の筋肉が弱いと便を送り出すためのぜん動運動も十分ではなくなります。

 

ですから、腸の働きを良くすることと運動とはとても深い関係があるのです。

 

家でテレビを見たり、ゲームをする時間が多い子供は必然的に体を動かす機会は減ってしまいます。

 

また大人もそうですが、子供の場合も交通機関の発達や自動車の利用などによって1日に歩く距離が少ない場合が多いようです。

 

昔に比べて子供の便秘が増加しているといわれるのもそのような原因によるのかもしれません。

 

確かに家の近くで思いっきり遊べる場所も少なくなってきていますので、子供が毎日からだを動かせるよう親としては工夫が必要かもしれません。

 

家でできる体操でも便秘に対する効果は期待できますから、子供と一緒に時間を決めて体操をしてみるのはとてもいい方法だと思います。

 

特に足腰を動かすと腸の刺激にもなり、腹筋も鍛えられるので効果的です。

 

屈伸運動もいいですし、エアロバイクなどで室内で自転車こぎをすることなどはお勧めです。

 

子どもの便秘を根本から改善するにはコレ!