子供 便秘 対処

生活習慣の改善で便秘に対処する

子供は、まだ腹筋が弱く、腸の筋肉も発達していないために、便秘になることがよくあります。

 

便秘に上手に対処するため基本知識をおさえておくことで、便秘が解消され、すっきりとした排便を促すことができます。

 

まず、便秘を解消するために必要なことは、水分をしっかりと補給することです。子供は体の多くが水分でできていることや、大人に比べると発汗しやすいため、こまめな水分補給が大切です。

 

自分で水分補給をすることがなかなか難しい年齢の場合には、親が積極的に与えてあげる必要があります。

 

そして、排便の習慣をつけさせることも大切です。

 

できれば毎日決まった時間に、便座に座らせ、便意がなくてもトイレにいく習慣をつけることで次第に出るようになることがあります。

 

理想的な時間帯は、毎日の朝食のあとです。朝はなかなかいそがしくて時間がとれませんが、5分早起きをするだけで5分のトイレタイムを作ることができます。

 

また、食べ物がとても大切です。

 

食べ物のなかでも、食物繊維を多く含む食材は、便のカサを増したり、便をゲル化するために大切な役割を果たしています。

 

食物繊維は、ゴボウや大根をはじめとした根菜類や、豆類に多く含まれています。なかでも納豆は食物繊維と乳酸菌をふくむとても立派な便秘解消食品です。

 

食物繊維と同時に大切なのが腸内環境をととのえるための乳酸菌です。キムチなど辛いものは子供は食べられないことがありますが、味噌、つけもの、ヨーグルトなど積極的に摂取するようにします。

 

下剤や浣腸で対処することも場合によっては必要ですが、基本は生活習慣や食習慣を改善して便秘になりにくい体にしていくことが大切です。

 

子どもの便秘を根本から改善するにはコレ!