子供 便秘 何日

便秘には何日という目安はない

親にとって一番心配な事は大切な子供の健康になります。

 

どんな病気でも、不安な気持ちになります。毎日の生活で大切な快眠、快食、そして快便とありますがそれが崩れやすいのが便秘です。

 

しかし、個人差があり何日排便がないと便秘になるのかは人により異なります。

 

子供も大人も、その点では同じです。

 

例えば、2〜3日に一回であっても普通のやわらかい便で、子供自身も元気で機嫌がいいのなら心配はありません。しかし、便がずっと出ておらずお腹が張って腹痛を伴うことや、食欲がなくなるなどの症状があれば便秘の可能性があります。

 

また、排便があっても固くて小石のような便も特徴です。さらに機嫌が良く見えても、1週間以上も便が出ていない場合も病院に診察に行くべき状態です。

 

また、これ以外にも便の様子がおかしい時も病院に行きます。

 

タール状の便の場合は胃や腸からの出血の可能性があり、真っ白い便は胆道閉鎖症の可能性が疑われます。

 

このように、常日頃から子供の便の状態を観察しておくことはとても重要です。

 

健康維持のためにも、いつもとは違うサインを見落とさないためにも習慣にします。

 

病院では検査をしても、便秘以外に他の健康上の異常がない場合はやはり親子で安心できます。医師に子供に合わせた下剤を処方してもらい自宅でも便秘が改善できるような生活リズムにします。

 

生活習慣や食生活の改善で、便秘になりにくい体質になることは可能です。

 

そのために、子供の間に改善するのが一番です。

 

子どもの便秘を根本から改善するにはコレ!