子供 便秘 我慢

子供の便秘は我慢禁物

子供は様々な理由で排便を我慢することがあります。そして、それが便秘の原因となることがあるようです。

 

例えば乳幼児であれば、トイレトレーニングの際に叱られるのが嫌でトイレを嫌うようになり、ついにはうんちをしたくても我慢するようになるということがあるようです。

 

また便秘が進むとうんちが硬くなって、排便時に肛門が切れたり、傷つけることがあります。このようになると排便のたびに鋭い痛みを感じるために、子供が排便を我慢してしまうのです。

 

さらに保育園・幼稚園や小学校に通う子供になると、恥ずかしいという理由や友だちからからかわれるという理由で我慢する子もいます。

 

このようにして排便を我慢することが続くと、段々と排便に関係する神経が鈍くなっていき、やがては便意を感じにくくなるということがあるようです。

 

便意は感じないものの、腸内に便はたまっていくわけですから、肛門に近い部分の腸である直腸が変形してしまうまでになってしまいます。

 

このような状態までなると専門の診療機関でなければなかなか治りません。

 

それで、子供が排便を我慢しないように親としてもいろいろと工夫をしたり、痛みをやわらげてあげるということが必要になっていきます。

 

肛門に傷がついて痛みを感じているのであれば、いつも患部を清潔にして軟膏などを塗ってあげることで痛みもやわらぎ、治りも早くなることでしょう。

 

またうんちをやわらかくする食材や薬などをあわせて摂りいれるのも効果的です。

 

傷がひどいときは小児科で治療を行ったほうが良いでしょう。

 

学校などでトイレに行くのが嫌だという子供については、なるべく家でスッキリしてから出かけられるように工夫することができます。

 

朝食をきちんととることや、朝食の時間を少し早めて、トイレに座る時間もある程度決めておくと出かける前にスッキリできるようになることが多いようです。

 

子どもの便秘を根本から改善するにはコレ!