子供の便秘の原因

慢性的な便秘を防ぐためにも腸内環境から見直すことが大事!

子供が便秘になったとき、まず考えるのはその原因ではないでしょうか?

 

寝込む子供

子供の便秘は何らかの病気が原因となっている場合があり、これについては便秘以外にも発熱や嘔吐・血便などの他の症状を伴うことが多いようです。このような種類の便秘については病気の治療が第一であり、病院での診察・検査が必要です。

 

しかし、他に目立つ症状などがなく、これまでも幾度となく便秘を繰り返す子供の場合には、腸内環境が整っていない可能性があることを頭に入れておいたほうがよいようです。

 

この種の便秘については、病院でも治すというよりも家庭での食事や生活習慣の改善によって克服していく必要があるようです。

 

それにしても、幼い子供であっても腸内環境が整っていないということがあるのでしょうか?

 

確かに幼い子供であっても腸内環境には大きな差があり、中には出産後の早い段階で健康面で不利な状態におかれる子供もいるようです。

 

これについては幾つかの研究報告がなされていますが、たとえばスウェーデンとスコットランドの研究チームによる報告では、帝王切開で生まれた赤ちゃんの場合に腸内細菌の種類が少ないためにアレルギーリスクが高いということが明らかされました。

 

出産方法だけでなく、母乳の質やその後の生育環境など様々な原因によって、子供の腸内環境は変化し、それが便秘の原因となることがあります。

 

子どもの便秘の根本原因から改善する方法こちらへ

 

なぜ腸内環境が大事なのか?

 

便秘の原因としては、食事に問題があるとか、運動不足であるとか、ストレスのせいなどと言われることもあります。

 

確かにそれらも一因となりますが、あくまで便秘につながるきっかけに過ぎず、根本の原因として存在する腸内環境が整っていないという問題に気づかなければ、どのような解消法も効果の薄いものとなってしまいます。

 

ところで、なぜ腸内環境の悪化が便秘をまねくのでしょうか?

 

人間のウンチをつく.る器官は大腸ですが、実は大腸の働きというのは腸内細菌によって大きく左右されているのです。その結果、腸内細菌が理想的なバランスで棲息していなければ、いいウンチもできず、できたウンチがスムーズに出口へと移動してくれません。

 

腸内細菌は成人の場合で100兆個以上も棲息しているといわれ、その重さは1Kg〜1.5Kgにもなるといわれますから、わたしたちの体重のうち1Kgぐらいは腸内細菌の重さなのです。

 

細菌

この腸内細菌は、健康に良い働きをする善玉菌とそうではない悪玉菌に分かれ、日々勢力争いをしています。

 

善玉菌が優位であれば腸内に酸がたくさん生成され、それが大腸の動きを活発にして理想的なウンチをつくり出してくれます。しかし、悪玉菌が優位になると、腸の働きは衰え、ガスがたまってお腹が張ったり、下痢や便秘の原因となったりします。しかも悪玉菌がますます増殖しやすい環境が出来上がってしまうのです。

 

ですから、子供の便秘を根本から改善するには、善玉菌を活発にし腸内環境を理想的に整えるという面から考えていくことがとても大切なのです。

 

子どもの腸内環境がどんどん理想に近づく方法こちらへ

 

どうすれば腸内環境を理想に近づけられるのか?

 

子供のうちに理想的な腸内環境をつくるには、善玉菌を元気にしてあげる必要がありますが、それと当時に元気な状態を維持できる環境づくりも大切になります。

 

そこでカギとなるのが、規則正しい生活です。

 

規則正しい生活を続けるなら、自律神経という体のコントロールタワーがしっかりと働いてくれます。このコントロールタワーがしっかりしていないと排泄機能にも影響し、便がきちんと排泄されなくなり、それが悪玉菌の増殖する原因となってしまうのです。

 

トイレに座る子供

特に子供の場合に大切なのは、トイレに座る時間をある程度決めておくということです。

 

子供はウンチが硬くなって出にくいときなどに痛がって便意を我慢してしまうことがあります。このようなことが続くと次第に便意を感じなくなって、排便リズムは大きく乱れ、ますます便秘が悪化してしまうのです。

 

ですから、排便習慣、食事や睡眠の時間など規則正しい生活を心がけることで、悪玉菌の増殖しにくい体制をつくることが必要です。

 

次に善玉菌にパワーを与えるために、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂ったり、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂取することが有効です。これらについても、一度に大量摂取してもあまり意味がなく、毎日続けていくことで善玉菌の勢力を安定させることがカギとなります。

 

このように子供の便秘の本当の原因を知って、正しく対策を行なっていけば便秘が慢性化すような事態も防ぐことができることと思います。

 

2014/12/07 13:36:07 |

オリゴ糖は、子どもの便秘の原因となる腸内環境の乱れを改善します。

 

腸内細菌

それはオリゴ糖が腸内に棲むビフィズス菌の大好物だからです。

 

オリゴ糖は、胃や小腸では消化吸収されずに大腸まで届くという特徴をもっています。そして、ビフィズス菌はオリゴ糖を取り込んで乳酸や酢酸、ギ酸といった「酸」をたくさん産生します。

 

これらの酸が腸を刺激して腸の運動を活発にすると共に、腸管内に水分を呼び込んで便をやわらかくする作用をするのです。

 

このような作用でオリゴ糖を摂取して数日で効果を実感できたというケースも少なくありません。

 

しかしそれだけでなく、オリゴ糖を習慣として摂取することで、ビフィズス菌が活発化していき、善玉菌が優位の腸内環境へと安定していきます。

 

つまり、便秘になりにくい体質へと変化していくということなのです。

2014/06/06 13:11:06 |

子供の便秘はとても心配です。しかし、元気にしていて、ご飯もきちんと食べられているのであれば心配はない場合が多いです。

 

ただし、吐き気を伴う便秘が続くようでしたら、一度大きな病院に行くことをお勧めします。何らかの病気が関係している可能性も考えられるからです。

 

念のために検査をしてもらうことで、もし重大な病気なら早めに対処するほど回復も早いでしょう。

 

一方、そうしたことが全くなかったとして、便秘によって吐き気がしているという場合は、かなり便がたまっており、内容物が排出できない状態かもしれません。食欲もなくなっていることでしょう。

 

たまった便は浣腸などにより、まずは出してあげる必要があります。

 

その後は便秘を繰り返さないように普段の食生活などの見直しからスタートすることになります。

 

普段は野菜、水分が十分に足りてしていますか?

 

お菓子ばかりとか、ジュースなどをたくさん与えていることで、栄養が不均衡になっていることが考えられます。

 

食物繊維が豊富な食材を中心にメニューを考え、小まめに水分を摂るようにしてください。

 

また食事以外では子供の毎日の生活で、まったく運動をしていないということはありませんか?

 

運動不足が、便秘をつくっていることも考えられます。

 

排便には筋肉や腸の動きが関係しており、これらが弱っていると便も排出しにくくなります。

 

運動や外で体を動かし遊ぶことを意識しましょう。

 

子供はなかなか自分では生活を変えることは難しいでしょうから、親がよい環境をつくってあげて便秘を改善していくことが必要です。

 

子どもの便秘を根本から改善するにはコレ!

2014/06/06 13:10:06 |

親にとって一番心配な事は大切な子供の健康になります。

 

どんな病気でも、不安な気持ちになります。毎日の生活で大切な快眠、快食、そして快便とありますがそれが崩れやすいのが便秘です。

 

しかし、個人差があり何日排便がないと便秘になるのかは人により異なります。

 

子供も大人も、その点では同じです。

 

例えば、2〜3日に一回であっても普通のやわらかい便で、子供自身も元気で機嫌がいいのなら心配はありません。しかし、便がずっと出ておらずお腹が張って腹痛を伴うことや、食欲がなくなるなどの症状があれば便秘の可能性があります。

 

また、排便があっても固くて小石のような便も特徴です。さらに機嫌が良く見えても、1週間以上も便が出ていない場合も病院に診察に行くべき状態です。

 

また、これ以外にも便の様子がおかしい時も病院に行きます。

 

タール状の便の場合は胃や腸からの出血の可能性があり、真っ白い便は胆道閉鎖症の可能性が疑われます。

 

このように、常日頃から子供の便の状態を観察しておくことはとても重要です。

 

健康維持のためにも、いつもとは違うサインを見落とさないためにも習慣にします。

 

病院では検査をしても、便秘以外に他の健康上の異常がない場合はやはり親子で安心できます。医師に子供に合わせた下剤を処方してもらい自宅でも便秘が改善できるような生活リズムにします。

 

生活習慣や食生活の改善で、便秘になりにくい体質になることは可能です。

 

そのために、子供の間に改善するのが一番です。

 

子どもの便秘を根本から改善するにはコレ!

2014/06/06 13:08:06 |

現在食の変化や環境へのストレスによって子供に便秘で悩む人が増えていますが、通常の状態であれば体の中に腸内細菌といった便を排出する流れができているため問題はないといえます。

 

しかし便秘の症状が長引くのと同時に嘔吐の症状が出る場合には注意が必要であり、それは嘔吐による便秘の場合の注意点とはウィルス性の感染が考えられるためです。

 

まず便秘というのは腸の動きが悪くなるもしくは便に水分が少なくなることで腸にとどまりやすくなっている状態であることから、その腸の動きがあっても排出されにくい症状を指します。

 

先に言ったとおりに便が固くても腸が動いているため日にちがたてば自然に排泄されますが、しかしストレスや食の変化によって大腸の環境が悪いと便が排出されづらくなります。

 

その状態が続くと便が発酵することによる有害物質が体に入りこむことで体の抵抗力が失われ、それによって本来体に侵入してきた菌を排除できずに胃や腸に侵入してしまいます。

 

この嘔吐や下痢という症状の多くは体の中に入った病原菌を外に出す役割を持っており、その胃の内容物と胃酸と水分をともに外すことで体から病原菌をなくす自己防衛機能です。

 

しかし便秘はその排出する防衛機能が衰えているためひどくなってしまい、特に子供においては排出する機能が健全と悪くなるリズムが著しく変動が激しいため症状が重くなるといえます。

 

この症状がおこっている子供の注意点としては、まず排せつしたものを直接吸引もしくは触れることがないようにマスクやゴム手袋を着用して処置して使用後は速やかに袋に入れて廃棄します。

 

そして腸内の動きやすくするのと同時に水分が不足することを防ぐために、その子供にはスポーツ飲料を適量与えることで水分を腸に送りながら脱水症状が起きないようにすることが賢明です。

 

子どもの便秘を根本から改善するにはコレ!

 

2014/06/06 13:03:06 |

子供は、まだ腹筋が弱く、腸の筋肉も発達していないために、便秘になることがよくあります。

 

便秘に上手に対処するため基本知識をおさえておくことで、便秘が解消され、すっきりとした排便を促すことができます。

 

まず、便秘を解消するために必要なことは、水分をしっかりと補給することです。子供は体の多くが水分でできていることや、大人に比べると発汗しやすいため、こまめな水分補給が大切です。

 

自分で水分補給をすることがなかなか難しい年齢の場合には、親が積極的に与えてあげる必要があります。

 

そして、排便の習慣をつけさせることも大切です。

 

できれば毎日決まった時間に、便座に座らせ、便意がなくてもトイレにいく習慣をつけることで次第に出るようになることがあります。

 

理想的な時間帯は、毎日の朝食のあとです。朝はなかなかいそがしくて時間がとれませんが、5分早起きをするだけで5分のトイレタイムを作ることができます。

 

また、食べ物がとても大切です。

 

食べ物のなかでも、食物繊維を多く含む食材は、便のカサを増したり、便をゲル化するために大切な役割を果たしています。

 

食物繊維は、ゴボウや大根をはじめとした根菜類や、豆類に多く含まれています。なかでも納豆は食物繊維と乳酸菌をふくむとても立派な便秘解消食品です。

 

食物繊維と同時に大切なのが腸内環境をととのえるための乳酸菌です。キムチなど辛いものは子供は食べられないことがありますが、味噌、つけもの、ヨーグルトなど積極的に摂取するようにします。

 

下剤や浣腸で対処することも場合によっては必要ですが、基本は生活習慣や食習慣を改善して便秘になりにくい体にしていくことが大切です。

 

子どもの便秘を根本から改善するにはコレ!

2014/06/06 13:02:06 |

子供が腹痛を訴えるとき、便秘であることが少なくないようです。

 

便秘は病気ではありませんが、あまりにも便秘が酷くなると、頭痛や腹痛、吐き気や精神的なイライラなど、様々な体調不良が起こります。

 

特に野菜嫌いな子供や、肉ばかりを多く食べてしまう子供は普段から便秘にならないように注意が必要です。普段から食物繊維が豊富な食材に気をつかったり、また腸の働きが良くなる乳酸飲料などを飲ませるのもいいでしょう。

 

腹痛を感じるほどの便秘は、かなりの程度便がたまった状態といえます。

 

下剤を使用することでスムーズに腹痛がおさまる場合もありますが、硬い便が肛門付近に塞がっているようなら浣腸で出すことが一番即効性があります。

 

たまった便が出てしまえば、子供もだいぶん楽になるはずです。

 

しかし、下剤に頼ってしまうと便秘が癖になって繰り返すことになりますから、できるだけ食生活や生活習慣の改善で解決していくことが大事です。

 

また朝トイレでゆっくりする時間を持つことと、夜更かしさせないように早寝早起きを心がけましょう。

 

さらに小学生くらいの子供だと、学校や外出先のトイレではゆっくりと用を足せないこともあるので、知らないうちに無理をしてしまっているようなこともあります。

 

ですから、子供が便秘にならないようにするためには、できるだけ自宅にいる時にゆっくりとトイレ時間をつくってあげるといいです。

 

もし腹痛がひどくて子供も苦しそうなら、病院で診てもらうとよいでしょう。浣腸をしてくれたり、体にあった下剤を処方してくれます。

 

中には便秘が長引いたことで腸が炎症を起こし、腸炎になってしまっているような場合もあります。

 

このような時は入院し、炎症を治すために点滴による治療が必要なこともあります。

 

子どもの便秘を根本から改善するにはコレ!

2014/06/04 18:40:04 |

うんちをつくる体の器官である腸はとてもデリケートで精神面での影響を受けやすいようです。

 

そのために子供が強いストレスを感じることが多いと、腸の働きも悪くなり、便秘の原因ともなることがあるようです。

 

ストレスから便秘になっている子供のお腹はパンパンに張っているということがあるようです。これはストレスによって腸が痙攣してお腹にガスがたまりやすくなるためと言われています。

 

このような便秘は痙攣性便秘と呼ばれ、大人に増えている過敏性腸症候群にも近い症状といえるかもしれません。

 

ストレスによる便秘には、子供の心理的な面が強く関係していますから、子供の悩みやストレスの元となっているものに目を向ける必要があります。

 

就学や引越しなど一時的なストレスであれば、いずれ便秘は改善すると思われますが、持続的にストレスを感じるような状況であれば、その問題自体に対処するよう子供をサポートすることが優先課題となります。

 

問題自体がすぐにはなくならないとしても、子供がリラックスできる時間を増やしてあげたり、親も一緒に取り組む姿勢を伝えて勇気付けたりすることで子供の気持ちもずっと楽になり、便秘も改善していくかもしれません。

 

食事の面では、なるべく消化の良いものでなおかつ便秘を改善する効果のあるものを多めに摂ると良いでしょう。

 

発酵食品であるヨーグルトや納豆、水溶性の食物繊維である海藻類などは適しています。

 

逆に不溶性食物繊維を含む食材は、かえって便を詰まらせてしまう傾向がありますので摂り過ぎないように注意したほうが良いでしょう。

 

また腸を刺激するタイプの便秘薬も痙攣を悪化させる可能性がありますから、避けたほうが良いようです。

 

子どもの便秘を根本から改善するにはコレ!

2014/06/04 18:38:04 |

運動不足になりがちの子供は、それが便秘の原因ともなりえますから注意が必要です。

 

まだ赤ちゃんの頃はウンチもやわらかいことが多く、排便もほとんど反射によって行っています。それが段々とうんちが形になってくる頃からお腹や腸の筋力を必要とするようになります。

 

やや硬めのうんちを出すときには、座りながら少し腹圧をかける必要がありますし、腸の筋肉が弱いと便を送り出すためのぜん動運動も十分ではなくなります。

 

ですから、腸の働きを良くすることと運動とはとても深い関係があるのです。

 

家でテレビを見たり、ゲームをする時間が多い子供は必然的に体を動かす機会は減ってしまいます。

 

また大人もそうですが、子供の場合も交通機関の発達や自動車の利用などによって1日に歩く距離が少ない場合が多いようです。

 

昔に比べて子供の便秘が増加しているといわれるのもそのような原因によるのかもしれません。

 

確かに家の近くで思いっきり遊べる場所も少なくなってきていますので、子供が毎日からだを動かせるよう親としては工夫が必要かもしれません。

 

家でできる体操でも便秘に対する効果は期待できますから、子供と一緒に時間を決めて体操をしてみるのはとてもいい方法だと思います。

 

特に足腰を動かすと腸の刺激にもなり、腹筋も鍛えられるので効果的です。

 

屈伸運動もいいですし、エアロバイクなどで室内で自転車こぎをすることなどはお勧めです。

 

子どもの便秘を根本から改善するにはコレ!

2014/06/04 18:36:04 |

子供は様々な理由で排便を我慢することがあります。そして、それが便秘の原因となることがあるようです。

 

例えば乳幼児であれば、トイレトレーニングの際に叱られるのが嫌でトイレを嫌うようになり、ついにはうんちをしたくても我慢するようになるということがあるようです。

 

また便秘が進むとうんちが硬くなって、排便時に肛門が切れたり、傷つけることがあります。このようになると排便のたびに鋭い痛みを感じるために、子供が排便を我慢してしまうのです。

 

さらに保育園・幼稚園や小学校に通う子供になると、恥ずかしいという理由や友だちからからかわれるという理由で我慢する子もいます。

 

このようにして排便を我慢することが続くと、段々と排便に関係する神経が鈍くなっていき、やがては便意を感じにくくなるということがあるようです。

 

便意は感じないものの、腸内に便はたまっていくわけですから、肛門に近い部分の腸である直腸が変形してしまうまでになってしまいます。

 

このような状態までなると専門の診療機関でなければなかなか治りません。

 

それで、子供が排便を我慢しないように親としてもいろいろと工夫をしたり、痛みをやわらげてあげるということが必要になっていきます。

 

肛門に傷がついて痛みを感じているのであれば、いつも患部を清潔にして軟膏などを塗ってあげることで痛みもやわらぎ、治りも早くなることでしょう。

 

またうんちをやわらかくする食材や薬などをあわせて摂りいれるのも効果的です。

 

傷がひどいときは小児科で治療を行ったほうが良いでしょう。

 

学校などでトイレに行くのが嫌だという子供については、なるべく家でスッキリしてから出かけられるように工夫することができます。

 

朝食をきちんととることや、朝食の時間を少し早めて、トイレに座る時間もある程度決めておくと出かける前にスッキリできるようになることが多いようです。

 

子どもの便秘を根本から改善するにはコレ!

2014/06/04 18:34:04 |

子供の便秘は食生活とも深いかかわりがあります。

 

うんちの元となる食物繊維の足りない食事が多いと、うんちの量が足りないために腸に与える刺激も少なくなって働きが鈍るために便秘の原因になりがちなのです。

 

食物繊維の量が少なくなりやすいのは、主に肉類中心の食事が多いときです。特に外食やコンビニ弁当、インスタント食材や出来合いの惣菜類などが多くなるとどうしても、肉類が中心になります。

 

逆に食物繊維が多く含まれる食材は、やはり野菜類や海藻類などになります。

 

忙しい生活を送っていると全部手料理でというのはなかなか難しいですが、インスタント食品のときでも一品だけ野菜料理を加えるなどできることから取り組んでみましょう。

 

肉類中心の食事があまりよくないもう一つの理由は、腸内にいる悪玉菌と呼ばれる細菌が肉などのタンパク質を腐敗させて腸内環境を悪化させてしまうからです。

 

腸内環境の悪化により、腸の働きはますます悪くなり、これも便秘の原因となります。

 

離乳食の始まった子供が便秘になりやすいのも、この腸内環境と関係があります。

 

もともと日本人は肉をあまり食べない民族だったため、腸もそのような食事に適応して欧米人と比べると長い腸を持つようです。

 

一方、欧米人は肉をたくさん食べても短くて太い腸を持つためにすぐに体外に排出できるのです。

 

このように体のつくりからしても、肉類が中心になってしまうと、どうしても便秘など体調不良につながってしまいがちなのです。

 

もちろん子供はお肉が大好きなことが多いので、適度に食べるのは問題ありませんが、その際でも食物繊維を多く含む食材を添えるなど工夫が必要です。

 

尚、食物繊維には水に溶けにくい不溶性食物繊維と呼ばれるものと、水に溶けやすい水溶性食物繊維という2種類があります。

 

この両方を含む食材をバランスよく食べることができれば理想的です。

 

大体、不溶性食物繊維が2に対して、水溶性食物繊維が1の割合が理想といわれます。

 

不溶性食物繊維の含まれる食材としては、穀類・豆やかぼちゃや根菜類など、水溶性食物繊維を含む食材としては、納豆や海藻類や果物などがあります。

 

子どもの便秘を根本から改善するにはコレ!